Blog

ブログ 

【あなたの紫外線対策の常識はOKですか?】内側編

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

5月は一番紫外線が強い月とも言われておりますが

それは窓をすり抜けて私たちの肌に吸収されるUV-Aが強くなってくるからなのですよね。

 

紫外線対策をする理由は

体内の活性酸素を増やさないため。

活性酸素のことはまた別で書かせていただきますね。

 

で、その活性酸素を除去するためには

「抗酸化作用」のあるものを摂ると良いのです。

 

本日は食べ物からは1つオススメさせていただきます。

 

1、それはトマト

これから暑くなる季節

完熟トマトは本当に美味しいですよね。

 

このトマトには「リコピン」という成分が含まれています。

抗酸化作用はアンチエイジング成分といわれる「ビタミンE」の100倍とも云われています。

 

こんな素晴らしいリコピンがたくさん入ったトマト。

 

生で食べるのももちろん美味しですが

 

体内に吸収されるのは加熱した時

しかも油と一緒ならさらに吸収

 

私の場合はトマトソースを作り置きしてます。

 

トマトソースにはトマト缶を使用するのですが

なかでもこの「ダッテリーニトマト缶」はただいま我が家の流行り。

 

プチトマトもトマトジュースも甘みがあり、普通のものよりも味が濃厚。

生トマトよりリコピンがすごいです。

 

 

 

 

ビタミンC、ビタミンEなども抗酸化作用がありますよ

 

 

 

2、AOサプリ

 

今は飲む日焼け止めというサプリメントを使うこともオススメしています。

活性酸素って呼吸をするだけでも発生するんですよ。

酸素を活性化させるのです。

活性化と聞くと良さそうなイメージがあるかもしれませんが

酸素を活性化すると不要な細胞を除去するだけでなく

大切な細胞までダメージを与えてしまうのです。

 

ゲームでいえば

敵も味方もなくやっつけちゃう感じでしょうか・・・

 

これが紫外線を浴びることでも大量に発生してしまうので

体内から除去しましょう!というのが抗酸化作用

 

AOサプリは強力に抗酸化する成分がギュッとバランスよく詰まっております。

 

エステティシャン仲間やオーナーさんの間では大人気のサプリで

みなさん1年中飲んでいるのですが、

夏場は特に気合を入れて飲むと日焼けしませんでした。

 

 

AOサプリ 180粒 6,000円+消費税8%

 

 

 

3、CBDベイプ

CBDという成分は日本でも徐々に浸透してきている、

ヘンプから抽出された140数種類あるカンナビノイドの中の1つの成分です

(これもいつか詳しく書きますね)

 

CBDは超強力な抗酸化作用があり

このベイプはカートリッジにセットして、タバコを吸うように体内に成分を取り込みます。

CBDオイルも人気なのですが、ベイプは一気に体内に入るため体感が早いという方が多いです。

 

世界中で流行って、なおかつ定着しつつあるCBDですが、

粗悪なものがとても多く出回っております。

 

こちらのマーク(ヘンプオーソリティ)

というマークがあれば

安心安全のヘンプ製品とのお墨付きですので

こちらのマークのあるものをご利用くださいね。

 

 

紫外線による影響は

思った以上に老化を早めます。

シミができたりする時はその部分の細胞が弱っている時。

だからメラニンを大量に発生させて紫外線に細胞が攻撃されないように

日傘の役割をするのです。

 

皮膚ガンになる確率が一番高いのは欧米人

逆に皮膚ガンにならないのはアフリカ系の人々。

 

暑い地域に暮らせるように

遺伝子がそれに耐えられる皮膚にしたのでしょうか。

 

日焼けをするのは

守られてるということでもありますからね。

 

日焼けやシミを「悪」にする前に

しっかり内からと外からのケアをしましょうね。

 

 

 

SHAREシェアする

一覧

HOME> ブログ >【あなたの紫外線対策の常識はOKですか?】内側編