Blog

ブログ 

シャワー洗顔を推奨しない理由

みなさまこんにちは!

本日もお越し頂きありがとございます!

 

前回の記事で

洗顔はちゃんとできてますか〜?

という内容を書いてみました。

 

その時に

「シャワーを直に当てて洗い流すのはよくない」ということを書きました。

 

 

え、なんで?

擦らないし隅々まで流せるのに??

 

 

と思いませんか?

 

 

映画やドラマではよくシャワーシーンがあるのにね笑

 

シャワー洗顔を避けると良い理由

 

 

❤︎温度が高すぎ❤︎

お顔の肌は特に薄い部分。

体にはちょうど良い温かさでも、お顔のお肌にとっては熱めなのです。

実は洗顔時の適温って32度と言われています。

常温のイメージですね。

40度にもなるとお肌のバリアになる皮脂までも乳化して洗い流してしまうため

乾燥の心配だけではなく、肌荒れや敏感肌の原因にもなってしまうかもしれませんね。

 

 

❤︎水圧が強すぎ❤︎

お顔の肌は上記でもお伝えした通りとっても薄いのです。

水圧が強いと、良いマッサージになるとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが

実はお肌の構造を知らずにむやみにマッサージをしてしまうのは

毛細血管を切ってしまうかもしれません。

毛細血管が切れるということは、細胞に栄養がいかなくなるということ。

これでは本末転倒ですね。

ニキビの原因という方もいらっしゃいますが、ニキビの原因はシャワーではなく

もっと根本的な部分かと思われます。。

 

 

❤︎たるみ毛穴に?❤︎

なんと、シャワーが毛穴トラブルにまで発展??

そうなんです。

シャワーの強い水圧は重力のお手伝いまでしてしまいます。

下に下に引っ張るようにお顔がたるみ、毛穴が広がり、

更には上から流れる汚れた成分を吸収してしまう可能性もあるのですよね。

 

 

どんなに良い製品を使っていても

フェイシャルエステに通っても

シャワーですすぐ行為は、せっかくのお手入れを半減してしまいます。

 

というか

長時間洗顔は逆効果

 

洗顔でパックするなんていう製品もありますが

汚れ落としのついでではなく

綺麗なお肌に泡パックをするのですね。

 

 

 

洗顔は次の工程でスキンケアの成分を十分に吸収する前に

エイジングケアをする上でとっても大切な大切な工程。

 

 

 

 

シャワーではなく手にお水を貯めて(擦らない)

お湯ではなく32度〜35度(常温〜ぬるま湯程度)で

何度もなんどもよく洗い流してくださいね

SHAREシェアする

一覧

HOME> ブログ >シャワー洗顔を推奨しない理由